並び替え(降順/昇順)
近年住宅性能が進化し生活環境は昔に比べ向上しましたが、
その反面、文化的に価値のあるたくさんの古民家が産業廃棄物として
壊され焼却処分され日本の原風景が失われ、地球環境も悪化( 二酸化
炭素の排出 )させています。古き日本の住まいを現在に伝える、古民家。
その失われつつある古民家の 柱や 梁などの古材( kozai ) を再利用する
こと、それは、地球環境問題と持続可能な社会への転換なのです。

健康にいいことを ・・・・
健康志向の提案 ( 和の空間・ 家のなかで森林浴 )

自然の恵みを授かり、森 や 樹( 木 )は古くから森の国の民としての
歴史を刻んできた。
私たちのDNAには 「樹と暮らすことは樹に守られている」という哲理が
息づいています。
その恩恵を住家に活かそうとする先人たちが技を磨いてきました。
天然木( 無垢材 )又は伝統古民家の、古材( kozai )を使うことの有用性
「 それどれ独特な美形、呼吸する木、調湿作用、安らぎの効果、自然に
心が癒される空間、優しい自然素材の温もり、暖かさ、樹種ごとに独特な
色合いや多彩な表情、木目の美しさ 」

無垢の木 は生きている。

だから人に優しい。 そんな家が今改めて見直されています。

ヨーロッパは ( 石 )の文化 , 日本は 樹( 木 )の文化

昔は日本の気候風土に合った、その地で育った( 地産地消 )良質の木材が
建築材料として使用されていた。しかし、高度経済成長期の建設( 建築 )ブームで外国の安価な木材が使われるようになり国産材は ほとんど
使われなくなりましたが、昨今  新築やリフォーム、店舗等の一部に意匠的な目的で、それどれ独特な形をした、世界に1つだけしかない古材( kozai )
環境に優しい良質で貴重な多種多様な古材 を取り入れ使用することが
多くなっています。

昔、現在のように電動道具がなかった頃、大工棟梁が1本1本を手斧、
チヨウナで 「 なぐり仕上げ 」 刻んで仕上げをした 桁、小屋梁を見て下さい。
現在の工法には真似の出来ない貴重な財産なのです。

「樹」 は切り倒されて 「木」 となり、加工され 「木材」 となる。

木材 は経年変化よって強くなる。
  200年〜300年までの間は圧縮強さや剛性がじわじわ増して
  2.3割も上昇しその時期をすぎて緩やかに下降し始める ・・・・
  (木の文化をさぐる の本より)



檜 「 ヒノキ 」の特徴
世界最高レベルの建築木材

古くから家づくりの主要な木材として 良質な建材として知られている 檜
世界最古の木造建築(法隆寺)その構造にも 檜 が使用されています

耐水効果、防虫効果、強度と住宅の建材に最適な特徴がある

強度も抜群
伐採後強度が増し、千年経過してもその強さはほとんど
低下しないと言われています。

高い耐久性
シロアリや木材腐朽菌に対する耐久性に優れています。

住む人にやさしい
抗菌効果とフイトンチツドの香りで健康的な室内空間をつくります


 - AmigoDatabase